トップ

脱ステでアトピー改善

アトピーのステロイド治療とは

ステロイド剤使用のメリットとは?

アトピー性皮膚炎を抱えている方は、皮膚の炎症やかゆみに長年悩んでいるという方がほとんどだと思います。アトピーの根治には時間がかかり、様々な薬とともに闘っている方が多いのではないでしょうか。

アトピー性皮膚炎の方が使っている薬として最も多いのは、やはりステロイド系の薬でしょう。ステロイドとは副腎皮質ホルモンとも呼ばれ、もともとは副腎という体の器官で作られる物質です。
このステロイドは、受容体が体内のすべての有核細胞に存在するため、炎症に対する効果も絶大。ステロイド剤は塗ると炎症細胞の活性化を防ぎ、さらにその下にあるかゆみの神経細胞の活性化も防ぐので、高い抗炎症性を期待することが出来るのです。短期間のうちに炎症を抑えることが出来るというのが、ステロイド剤の最大のメリットだと言えるでしょう。

ここまで聞けばステロイド剤は魔法の薬のように思えますが、残念ながらステロイド剤にはデメリットも存在しています。デメリットとしてよく挙げられるのは、ステロイド剤を使用することで強い副作用が出てしまうということです。ステロイド剤自体の強さや体質にもよりますが、ステロイド剤は使用していると強い副作用が表れることが多くなっています。

副作用として代表的なものには、不眠、免疫力低下による感染症の増加、食欲増進による肥満などが挙げられます。さらに重篤なものになると、糖尿病を誘発してしまうこともあるのです。ステロイドはインスリンの正常な働きを抑制してしまう効果があり、そのために血糖値が上昇、やがては糖尿病に陥ってしまうという場合があります。

短期的には炎症抑制効果が高く有用なステロイド剤ですが、長期間使い続ければ使い続けるほど、このような様々な副作用が発現してしまうリスクにさらされてしまうのです。

Copyright © アトピーのステロイド治療とは. All rights reserved.